車両保険は単純に事故が発生した際に、自動車の損害額を補償する、という考え方が一般的です。保険料も高額になる事から、詳細をよく知らないまま加入を見送る方が多いようです。
詳細を理解するうえで、支払われるケース、支払額の決定方法が重要となります。
自動車保険の契約時に全ての事故を補償する一般条件と、特定の事故を補償対象外とする限定条件があります。限定条件では自宅車庫に車をぶつけてしまった場合など、相手の存在しない単独での事故を補償対象外とすることで、保険料を割安にすることが出来ます。
相手のいる事故が発生した場合、全ての事故に過失割合を決定します。損害賠償の考え方として双方の過失割合を考えて過失相殺というものがあります。相手にも悪い部分があったのだから、その分は相手に負担してもらうという考え方です。事故により自分の車に損害が発生した場合、自分の車に生じた損害額は相手の対物賠償責任保険から支払われますが、保険金を受け取れるのは相手の過失割合分のみです。つまり一般的に相手が悪いと捉えられる事故でも、自分にも過失がある場合はその分の修理費が自己負担になってしまいます。その時に自分の保険を使用することで、差額の修理費を受け取ることができます。
このように、どのようなケースで、どのように保険金が支払われるかを理解しておく事で、契約の際に保険料が高すぎるのかどうかを考える基準になります。アイランド01