交通事故でケガをした人が複数名いる場合、加害者側、被害者側のどちらがケガをしたかによって補償の対応が変わってきます。まず被害者の場合、これは通常過失が少ない人の方をさしますが、この場合は加害者の対人賠償で対応します。被害者が任意保険や自賠責保険に加入していなくても問題はなく、加害者側からきちんと補償を受けることが出来ます。逆に過失が大きい加害者がケガをした場合は、相手の対人賠償では補償をしてもらえません。仮に自分の車が人身傷害保険に加入しているのであれば、人身傷害保険で対応してもらえます。人身傷害保険に加入していない場合は、相手の自賠責保険に請求するしかありません。相手が自賠責保険に加入していなければ、最悪泣き寝入りになりかねません。また、加害者になった場合で自賠責保険に加入していなかった場合は、任意保険に加入していても非常にまずいことになります。任意保険では、本来自賠責保険で支払われるべき部分は支払ってもらえません。このため、自賠責保険に加入していない場合は、自賠責保険で支払われるべき金額を加害者が自己負担を行うことになります。このように加害者側、被害者側では全く状況が変わってきます。宇宙01