自動車事故の加害者として被害者に損害賠償金を支払う必要がある場合は、自動車保険に加入していれば、保険会社が直接支払ってもらえます。加害者が立替を行った場合も保険会社から通常返金してもらえますが、過去の裁判例等で認められている範囲のものを超えて支払った場合は、返金されないこともあります。故に賠償金を立て替える場合は、事前に保険会社へ確認を行う必要があります。また立て替えを行ってしまうと相手から、いつでも支払ってもらえると思われてしまう可能性もあります。無理難題を言うタイプの相手方の場合は、保険会社との交渉がこじれた場合は得てして加害者に言ってきがちです。このような相手に立て替えを行ってしまうと後々非常に面倒なことになるので、絶対に避けるべきです。立て替えるのであれば、相手方の治療費を医療機関に支払うといった相手方本人に支払わないケースにのみ限ることをおすすめします。自動車保険に加入していない場合は自賠責保険のみとなりますが、自賠責保険は加害者が立て替えた後しか請求することが出来ません。相手方が直接自賠責保険に請求することも可能なので、相手方に自賠責保険へ請求してもらうよう頼み込む方がベターです。宇宙02