車両保険では、事故や災害などによって契約中の車両に損害が発生した場合であっても、損害保険会社から本来であれば支払われる保険金の一部を契約者が自己負担する「免責金額」と呼ばれる制度が設けられています。この金額は契約の際に自由に設定することができますが、通常は5万円、10万円などの切りのよい数字でパターン化されていることが多いようです。
免責金額が少ないか、あるいは免責なしとして設定すると、事故の際の負担は最低限で済みますが、その分だけ毎年の保険料が高くなってしまうという欠点があります。いっぽう、免責金額が多ければ、もし事故に遭ってしまった場合には自己負担する金額が増えますが、その分だけ保険料を安くすることができます。
免責金額を設定していた場合であって、車両同士の事故が発生した場合については、保険金から免責金額が差し引かれることになります。ただし、事故の相手にも過失があれば、相手が契約している車両保険からも免責金額を埋め合わせるだけの保険金が支払われるケースが多く、実際には自己負担が発生しないこともあります。
単独事故や当て逃げ、いたずら、水害などのこれ以外の事故や災害の場合であって、車両の修理費用が保険金額を上回らないケースでは、保険金から免責金額が差し引かれますが、保険金額を上回るいわゆる「全損」のケースでは、保険金額全額が支払われます。アイランド04