交通事故でケガを負った場合、加害者が任意保険に加入しており加害者の過失が大きければ、加害者の任意保険会社が治療費や休業損害、慰謝料などを支払い、加害者に代わって示談交渉も行われます。ただし、被害者の過失が大きかったり加害者が任意保険に加入していない場合は、保険会社は動きません。被害者が人身傷害保険に加入していれば、人身傷害保険で治療費等の対応を行なってくれますが、それにも加入していない場合は、被害者が自ら加害者の自賠責保険へ被害者請求を行わなければなりません。自賠責保険は任意保険とは違い、保険会社は一切動いてくれません。自賠責保険へ請求を行う際は、被害者が自分で書類を揃えて、自賠責保険の保険会社へ提出します。必要な書類として、印鑑証明書、交通事故証明書、診断書、診療報酬明細書、休業損害証明書、通院交通費明細書等があります。自賠責保険で支払われる項目として、治療費、通院交通費、入院雑費、休業損害、慰謝料、看護料等があります。書類さえ揃えば、比較的早く保険金が支払われます。過失相殺もよほどでなければ差し引かれないため掛かった費用は基本的にバックされます。ただし、自賠責保険では決まった基準以上の支払いは一切出来ません。ごねても上乗せはされません。宇宙03