自動車保険を契約する際、車両保険の加入に悩まれる方は多いと思います。必要性は感じているし、できれば加入したいけれど、最終的に加入しないという結論を出す方のほとんどが、「高いから」という理由です。確かに車両保険に加入すると、未加入の場合の約2倍程度の保険料に跳ね上がってしまうため、ただでさえ出費を抑えたい昨今ですから、節約のために加入を断念するという方が多いようです。また新車や高級車を買った時は加入するが、年式の古い中古車など、比較的に保険金額の設定が低くなる場合は加入しないという方もいるようです。しかし、車両が古いからといっても修理の際の交換部品までが安いわけではありません。基本的には新品の部品を使うことになるため、結果的に車両保険に未加入であったことが割高になってしまう可能性もあります。どうしても出費を抑えたいという場合、単独事故のみを補償対象外とする特約があります。相手のある事故と違い、単独事故の場合、駐車しようとしてポールに当ててしまうなど、さほど大きな事故には繋がらないケースが多いですし、何より、急な飛び出しや急ブレーキによる追突など、相手のいる事故と違って、注意して運転すれば事故を防ぐことが出来ます。アイランド05