車両保険の免責金額とは、自己負担額のことを指します。車両保険を使用する事故が発生した場合、契約時に設定した金額を差し引いて保険金が支払われます。尚、損害額が設定額を下回る場合、保険金は支払われないことになります。保険会社としては保険金の支払額が減ることになりますので、その分の保険料を割引する仕組みです。当然ながら、高い金額を設定すればするほど保険料は安くなりますので、節約のために設定する方も多いようです。
契約時にはいくつか金額設定の方法があります。基本的には0円から5万円単位で自己負担額を設定する方法です。他に2回目以降の自己負担額を別途設定する方法があります。例えば1回目の事故を0円、2回目以降の事故を3万円と設定し、1年以内に10万円の損害が出る事故を2回起こしてしまった場合、1回目は10万円全額が支払われますが、2回目は損害額の10万円から3万円を差し引いた7万円が支払われることとなります。
一般的に車両保険は保険料が高く、加入を見送る人もいる一方、万が一の事故を考えると是非とも加入しておきたい保険でもあります。車両保険に加入しつつ、少しでも保険料を抑える手法としても便利な制度であると言えるでしょう。ひまわり