車両保険は、交通事故や天災などによって発生した車両の損害を補てんすることを目的とした自動車保険の一種です。
自動車やバイクなどのすべてが加入させられている強制保険である自賠責保険では、事故の相手にケガや死亡などの主に身体的な損害が発生した場合しか保護されませんが、任意保険である車両保険に加入していれば、契約者の車両という物に対して補償が及ぶという特徴があります。
車両保険の保険料は一般的にそれほど安くはないため、加入しないというドライバーも少なくはないようですが、もし普段から高級車に乗っているような場合や、運転技術に自信がなくて事故を起こすおそれがあるような場合には、この保険のメリットは大きいといえます。
車両保険は、他人の運転する自動車と衝突して車両を傷つけてしまったような事故の場合には、もちろん修理費用に見合った保険金が支払われますが、補償の対象はそれだけではありません。
運転が未熟で電柱やガードレールに衝突して車両を傷つける自損事故の場合、子供のいたずらによって車両に落書きや傷がついた場合、台風の際に飛んできた看板が当たって車両が傷ついた場合、泥棒によって車両が盗まれてしまった場合などについても、所定の保険金が支払われます。アイランド02